【避妊・去勢手術】病院によって値段がかなり違うワケ?

春は避妊・去勢の手術が増える時期ですかわいい(主に猫ですが。)

この手術、病院によって値段がかなり違うってご存知ですか??

日本獣医師会のホームページに手術費の平均値が出ているので、
参考にしてみてください。

小動物診療料金の実態調査結果


メスの避妊手術の場合、
全部込みで4万5千円前後が平均だそうです。
たいがいの病院では、体重や動物の種類によって値段が変わります。

まずは近くの病院何件かに
電話で値段を問い合わせてみるといいですよ。

ただ、安さだけで決めるのはお勧めできません!

とくに避妊手術は、簡単にできると思われがちですが、
実際は、お腹を開ける大きな手術です。

もちろん技術にも差が出ます。

手術費が安いところは、気道確保をしていなかったり、
よい麻酔を使っていなかったりと、
値段といっしょに安全性まで削られている場合があります。


動物病院を決めるときは、
手術方法麻酔の安全性をしっかり説明してもらってください。

この説明を聞けば、
だいたいちゃんとした病院かどうかがわかります。

この記事が役に立ったという方は、
応援クリックおねがいします!

人気ブログランキングへにほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ


≪人気の記事ランキング≫

ペット保険にも落とし穴?最低限おさえておくべきポイント大公開! ⇒今スグ読む

いざ愛するペットが病気になったとき、治療費が払えない?!〜今できること・後編〜 ⇒今スグ読む


<PR>



posted by 獣医@青井すず at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気予防のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワクチンにウイルス混入!? 〜こわい病気の予防をしつつウイルス混入させない方法〜


犬猫の混合ワクチンにウイルスが混入していたという話には驚きました目
みなさんご存知でしたか?

⇒ 毎日新聞の記事
 
このニュースを見たら誰でも、 
年に1度の『ワクチン接種』が不安になりますよね。

研究チームの発表をまとめると、

・猫の細胞内にもともと潜んでいる内在性レトロウィルス
 (RD114ウィルス)が犬用ワクチン10種中3種から、
 猫用ワクチン4種中1種から検出された。

・もともと、猫の細胞に入り込んだウィルスのため、
 猫には問題ないだろう。

・犬の場合現在はほとんどの犬に影響はないだろうが、
 変異した場合感染の恐れがある。

・すぐに感染被害がでることはないだろう。


との事です。

検出されたウイルスは少量のため、
感染の影響は少ないだろうといわれています。

すでにどの程度、感染が広がっているかは
誰にもわからない状況です。

一方で、
『ワクチンが信用できないから打たない』という人が増えるのは、
もっと恐い
です。

愛犬や愛猫が十数年の寿命をまっとうするには、
ワクチン接種は欠かせません。

いちどかかると命取りになる病気の予防をするには、
ワクチン接種しかないからです。

そこで、
『こわい病気の予防をしつつ、ウイルス混入させない方法』
をお知らせします。

混合ワクチンには不活化ワクチン生ワクチンの2種類があります。

今回発表されたウイルスは生ワクチンの製造過程に混入したといわれています。
なので、不活化ワクチンのみをうつという手があります。


猫由来の細胞を使用して製造していますが、
不活化タイプのワクチンなのでウイルス混入の心配はない製品
があります。

⇒ 猫用ワクチン「フェロバックス3/5」 共立製薬


犬の場合は、5種類くらいの病気の予防が生ワクチンにあたります。
不活化ワクチンは3種類くらいしかありません。
(注:製品によって多少ちがいがあります。)

どちらかというと、生ワクチンのほうに多く
重大な病気(ジステンパーなど)の予防が含まれています。

ただ、生ワクチンでも製品によっては
製造時に猫由来の細胞を一切使用していないため、
当該ウイルスの混入がありません。


⇒ 犬用ワクチン「デュラミューンMX 5/6/8」 共立製薬


ワクチンとはあくまでも病気の予防なので、選ぶのは飼い主さんです。

かかりつけの獣医さんとよく相談して、納得できるワクチンを選んでくださいねぴかぴか(新しい)




「この記事が役に立った!」と言う場合には
順番にランキングをクリックしていただけるとうれしいです猫






<PR>



posted by 獣医@青井すず at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気予防のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<犬猫の誤食・誤飲>お正月に多い病気、知っていますか?!

お正月の前後にどうしても増えてしまう病気があります。

それは、誤食による胃腸疾患です。

おもちを食べた!お父さんの薬を盗み食いした!

ちょっと飼い主さんが目を離したスキの事故が多いようです。

(最近なぜか飼い主さんの薬を盗み食いするワンコが多いです)

モノによっては胃洗浄するなど、大ごとなってしまいます。

くれぐれもお気をつけください!

あなたのお宅でもかわいい目がひそかに狙っているかもしれません!!目



<編集後記>

わたしの勤務する病院は年中無休です。

けっこうキツイですが、みなさん安心だと言ってくるので

励みになりますね。

動物病院も年末年始はお休みのところが多いです。

何かあったときのためにお正月でも診てくれるところを

見つけておくといいかもしれませんね。

ぜひメルマガで紹介したGoogle検索法でやってみてください♪

『Google 徹底活用術 知らなきゃ損する検索方法』


追記:   

療法食の注文はお早めに!業者がお休みになってしまいますよ。


人気ブログランキングへにほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ



≪人気の記事ランキング≫

ペット保険にも落とし穴?最低限おさえておくべきポイント大公開! ⇒今スグ読む

いざ愛するペットが病気になったとき、治療費が払えない?!〜今できること・後編〜 ⇒今スグ読む

もっと役立つ!青井すずのメルマガ読者登録
まだの方は⇒コチラから


<PR>



posted by 獣医@青井すず at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気予防のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。