「犬猫からうつる!?」やっかいな皮膚真菌症(=水虫、たむし)

1124484793257o.jpg

皮膚真菌症(ひふしんきんしょう)は
人では【水虫】だとか、【たむし】と呼ばれるものです。

「水虫になった」というと、
人からうつった!というイメージが強いですよね?

じっさいは、
犬、猫、うさぎ、ハムスターなどの動物からうつることも多々あります。

皮膚科に新しくかかる人のうち、
13%以上は真菌症という報告があるくらい多い病気です。

そのうち動物からの感染がどのくらいあるのかは
不明だそうですが、

ペットを飼っている場合には可能性がありますね目


では、感染するとどうなるのでしょうか?

人と動物ともに、

皮膚がカサカサして、脱毛したり、
赤い縁取りのある特徴的な病変がみられたりします。

pic5-42-2%5b1%5d.jpg

かゆみがでることもありますが、
さらに細菌が感染している場合に限られます。

動物に少しでもこういった症状があって、
それがどんどん広がっていく場合は
できるだけ早く病院に連れて行くことをおススメします。


それでは、
「ペットが真菌症だとわかったらどうするのか?」と
「気をつけること」をお伝えします。

まず消毒しやすいように毛を刈ります。

消毒したあと、抗真菌剤の入ったクリームをぬります。

ひどい場合(全身に広がっている場合)は、飲み薬も必要ですね。

シャンプーは抗菌作用のある、
薬用のものに変えたほうがいいです。

さらに家の中、とくにホコリの中で菌は増えますがく〜(落胆した顔)
まずはよく掃除をしてください。
ペットの寝床など洗えるものは
塩素の入った洗濯洗剤で洗うと効果があります。

動物は体中が毛におおわれているので
病変を見つけるのが遅くなりがちです!

日ごろからよくブラッシングして
その時ついでに、地肌をよく見てみてください犬

ちなみに、
動物よりも人にうつった方が重症になりやすいです。
触った後は手を洗って、予防することをおススメします。

とにかく治りにくくやっかいな病気なので、
たかが皮膚病と放っておかないで
早めにやっつけてしまいましょう!


この記事が「役に立った!」という方は
応援わんクリックいただけると嬉しいです犬ぴかぴか(新しい)

人気ブログランキングへにほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ


≪人気の記事ランキング≫

ペット保険にも落とし穴?最低限おさえておくべきポイント大公開! ⇒今スグ読む

いざ愛するペットが病気になったとき、治療費が払えない?!〜今できること・後編〜 ⇒今スグ読む

もっと役立つ!青井すずのメルマガ読者登録
まだの方は⇒コチラから


<PR>


posted by 獣医@青井すず at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペットから人にうつる病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<犬猫からうつる病気>カワイイ犬猫からうつる、コワい病気!?

20070321_338010.jpg


先日、犬に手を咬まれました。

顔なじみのワンコでしたが、
レントゲン検査をすることになってガブリ。
職業がら、慣れています・・・もうやだ〜(悲しい顔)

しかし、いつもと違うことが起きました。
かまれた3日後に首のリンパがボコボコと腫れてきたのです。

少し怖い思いをしましたがく〜(落胆した顔)
(病院にかかり、今はすっかりよくなりました。)

ということで!
皆さんにもぜひ知っておいてほしいと思います。

身近なペットからの感染症はじつは
どんどん増えています。

まずは
青井が感染したと思われる細菌、
「パスツレラ属」の菌による感染症です。

犬や猫などの動物の口の中に常にいる菌です。
(鼻、のど、胃や腸にもいます。)

犬は75%、猫はほぼ100%この菌をもっていると言われています。

かまれたり引っかかれたりしてうつる場合と、
口を舐められたり、キスをしたりしてもうつる可能性があります。

発症すると、患部の腫れ、痛み、発熱やリンパ節の腫れがみられます。


もうひとつは
厚生労働省も注意を呼びかけている感染症です。
5月25日のヤフーニュース⇒

「カプノサイトファーガ・カニモルサス」という細菌による感染症です。
長すぎて、なんど聞いても覚えられないような名前ですね。
詳細はこちら⇒

かまれたり引っかかれたりすることでまれに感染・発症し、
発熱や腹痛、吐き気などがみられます。

慢性の病気がある人免疫力が低下している人(高齢者など)
重症化しやすい傾向があります。
(死亡した例もあるのであなどれません!)

ちなみにワクチンはありません。

では、どうしたらいいのでしょうか?


<気をつけること>
・できるだけ犬猫にかまれないようにする。
・いくらカワイイからといって、口移しやキスはやめておく。
・触った後はその度に、石けんで手洗いをする。


これだけです。
簡単なようですが、「ムリ!」という人もいるかもしれませんね。


<治療のしかた>
・顔を舐められた場合は、石けんと水でよく洗い流す。
・かまれたり引っかかれた場合は、石けんでよく傷口を洗い、
消毒液をつける。
・早めに内科を受診して、抗生物質と消炎剤を飲む。



季節の変わり目は体調を崩しやすい時期です。
可愛いペットから病気をもらうことのないように!

みなさま、くれぐれもお気をつけ下さい目


次回は、
意外と知られていない!?
『ペットからうつる皮膚真菌症(=水虫、たむし)』をお伝えします。


この記事で「ペットからのキスは遠慮しておこう…」と
思った方はぜひ!
応援わんクリックいただけると嬉しいです犬ぴかぴか(新しい)

人気ブログランキングへにほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ


≪人気の記事ランキング≫

ペット保険にも落とし穴?最低限おさえておくべきポイント大公開! ⇒今スグ読む

いざ愛するペットが病気になったとき、治療費が払えない?!〜今できること・後編〜 ⇒今スグ読む

もっと役立つ!青井すずのメルマガ読者登録
まだの方は⇒コチラから


<PR>


posted by 獣医@青井すず at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペットから人にうつる病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。