うちの猫、風邪をひく?目やに、涙、鼻水がでます・・・

もっと役立つ!青井すずのメルマガ読者登録
まだの方は⇒コチラから


P1020789.JPG


診察をしていると、
血統証のついた猫より
野良出身の猫を飼っているお宅のほうが
だんぜん多いように思います。
(詳しい統計はわかりませんが・・・あくまで主観です。)

野良出身の猫たちが
いまは症状を現していなくても
持っている可能性が高い病気があるので、
お伝えしておきます。

それは通称『猫カゼ』とよばれる病気です。

この病気には
年に1回うつ3種混合ワクチンに含まれている
2つのウイルス(ヘルペスウイルス、カリシウイルス)
が関わっているのですが、

ワクチンが切れかかった頃や、
季節の変わり目、
ストレスをうけたときなんかに
症状が少しだけ現れたりします。

主な症状を挙げてみると、
涙・目やにがでる、
目が赤い・腫れている・しょぼしょぼする、
くしゃみ・鼻水・鼻づまりがある、
口内炎がある、等々・・・

上の症状が進むと、必ず食欲がおちます。

子猫や老猫の場合と
エイズや白血病、その他の病気をすでにもっている場合には
命を落とすこともあります。
(野良猫の寿命が短い原因のひとつがこの病気です。) 

ここで、
気をつけることを2つお知らせしておきます。

室内飼いを徹底すること。
(庭に野良猫が来ていて、網戸ごしにうつった例もありますが・・・)

室内にだけいる場合も年に1回は忘れずにワクチンを接種すること。

「うちの子、ワクチン切れてた!」という方、
まだきっと間に合います!
さっそく連れて行ってあげてください。


この記事が「役に立った!」という方は
応援わんクリックいただけると嬉しいです犬ぴかぴか(新しい)


人気ブログランキングへにほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

≪人気の記事ランキング≫

ペット保険にも落とし穴?最低限おさえておくべきポイント大公開! ⇒今スグ読む

いざ愛するペットが病気になったとき、治療費が払えない?!〜今できること・後編〜 ⇒今スグ読む


もっと役立つ!青井すずのメルマガ読者登録
まだの方は⇒コチラから



<PR>


posted by 獣医@青井すず at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【狂犬病ワクチン、どこで打ちますか?】


狂犬病は日本にはまだ入ってきていない病気です。

万が一入ってきたときに、
ワクチンを打っていないと大変なことになるので、
接種が法律で義務づけられている病気なんです。

春になると登録している市から
狂犬病ワクチン接種のお知らせが届きますよね。

(地域によって3月から4月とばらつきがあるようです。)

さて、あなたは市の集合注射と、動物病院のどちらで
注射をうけていますか?


市の集合注射は診察料がかかりません。

そのため、問診表だけ書いてろくに診察してもらえません。
(流れ作業になりがちです。)

他にも犬がたくさん集まるので、恐がりの子や、犬が苦手な子には
かなりのストレスになるようです。


動物病院で受ける場合は診察料がかかります。

なので、検温したり、聴診したりと、
健康状態を確認してからの注射になります。

行き慣れている病院の場合には、
ストレスをあまり感じないで済むかもしれません。


ではここで、「両方の良いとこ取り」の
おすすめの方法をお伝えします。

それは、動物病院でフィラリアの予防薬をもらうときに、
一緒に狂犬病ワクチンを済ませることです。


そうすれば通院も診察料も1回で済みます。
なにより、ワンコの緊張も1回で済みますよね手(グー)

まだの方はぜひそうしてあげて下さい♪


この記事が「役に立った!」という方は
応援わんクリックいただけると嬉しいです犬ぴかぴか(新しい)





<PR>




posted by 獣医@青井すず at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。