ペット保険にも落とし穴?最低限おさえておくべきポイント大公開!

2639028136_bc67b7f85f.jpg

いざ大切なペットが病気になった時、
治療費が払えなくて、
泣く泣く治療を断念する方がいます。

過去の記事はこちら⇒

そんな時、「入っておけばよかった〜」と思うのが
保険ですよね。

ペットの保険を選ぶ時、
まず値段で比べたくなるかもしれません。

しかし、
「安かろう悪かろう」では
せっかく保険に入って備えている意味が
なくなってしまいます。

まず最初に、
『最低でも押さえておいた方がいいポイント』を
いくつかお伝えします。

次に、
『あったら助かるポイント』で
さらに絞り込みましょう。

そして、
最終的にはいちばん手頃な保険を選びましょう。
長く続けるためには
安いに越したことはありませんね。


『最低でも押さえておいた方がいいポイント』

・通院だけでなく、手術や入院にも使えるかどうか。
 (いちばん治療費に困るのは手術や入院の時です。
 安いプランだと使えない場合があるので注意が必要です。)

・終身補償タイプかどうか。
 (アリアンツは終身補償がありません。
 それ以外はだいたい条件はありますが補償しています。)

・慢性の病気にも継続して使えるかどうか。
 (補償期間内であればアイペット、アニコムは今のところまず大丈夫です。)
 
 注意:ある会社[ヨーロッパで実績のA社]は補償期間内にもかかわらず
 一度大きな手術をした後、その疾患に関して保険対象外の通知をしてきたそうです。


『あったら助かるポイント』

・通院・入院の日数制限がない。
・対応病院で会計時すぐに保険精算してもらえる。
・保険料が年齢にかかわらず一律で増えない。
・加入審査がない(簡単に済む)。
・待機期間(=加入後、病気をしても保険が適用されない期間)が短い。
・各種割引がある。(インターネット・マイクロチップ・継続・多頭割引き等)
・ペット賠償責任特約(=ペットが他人にケガさせたり、
 他人の物を壊した際の賠償)がある。


以上の条件を総合的に考えて、
いちばんコストパフォーマンスが高いと
思われる保険会社はアイペットです。
*アイペット うちの子ライト⇒

料金は少し上がりますが、
手厚い補償で次におススメできるのがアニコムです。 
*アニコム⇒


保険料はペットの種類や年齢によってちがうので、
査定して比べてみることをおススメします。

さらに、
ペットの性格によっては保険を選ぶ条件が変わってきます。
例えば、なんでも口に入れてしまうワンコの場合・・・
誤飲誤食を補償しているのはアイペットだけです。

そのほか犬種や猫種によって多い病気をよく考慮して、
その子にいちばん適した保険を選んであげてくださいね。


この記事が「役に立った!」という方は
応援わんクリックいただけると嬉しいです犬ぴかぴか(新しい)

人気ブログランキングへにほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

<PR>




posted by 獣医@青井すず at 00:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
青井先生が紹介してる本の殆どを持って読んでは、ブログに掲載して 発信していこうかと思っています。最近は 本をわざわざ買って読まない方が増えましたもんで・・・でも 青井先生のブログを紹介した方が早いのですが・・書くことが無くなりそうなので 参考にさせてもらってます
Posted by らびっとワンニャンヘルパー at 2011年08月06日 23:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。