<犬猫の外耳炎>【梅雨対策!】湿度が高くなると多い病気って!?

images.jpg


梅雨がすぐそこまで来ているようなお天気が多くなってきましたね。

湿度が高くなると多い病気があります。

それは外耳炎です。

特にビーグルやコッカースパニエルなどの
垂れ耳の犬は要注意です。

原因には耳ダニなどの寄生虫や、耳の中の環境悪化があります。

もともと外耳道内には細菌や真菌がいますが、
耳の中の湿度が上がるとそれらの菌が増殖し、
外耳炎をさらに悪くします。


・耳の中が赤くなっていませんか?

・耳あかがふえていませんか?

・耳の中がただれていませんか?


外耳炎自体はそんなに大した病気ではありません。
気がつかずに放っておくと、中耳炎〜内耳炎へと波及して、
治療がとても難しくなります。

中耳炎や内耳炎になると、顔が傾いたり、
神経症状を起こしたりします。

こうなる前に見つけて、治療することが大切ですよ。

それでは、外耳炎の治療法をお伝えします。

耳そうじをしてから、原因に合わせた点耳薬をつかいます。

炎症がひどい場合には、内服薬で、抗生剤や消炎剤を使います。

犬が自分で耳を掻いてしまう場合には、
エリザベスカラーが必要です。

梅雨に入る前に、まず愛犬・愛猫の耳をペラッとめくって
耳の中をチェックしてあげてください目

次週は外耳炎の予防と治療に欠かせない、
『耳そうじの仕方』をお伝えします!
まちがった耳そうじをしている方、けっこう多いですョ。


この記事で耳を見てみようと思った方はぜひ!
応援わんクリックいただけると嬉しいです犬ぴかぴか(新しい)

人気ブログランキングへにほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ


≪人気の記事ランキング≫

ペット保険にも落とし穴?最低限おさえておくべきポイント大公開! ⇒今スグ読む

いざ愛するペットが病気になったとき、治療費が払えない?!〜今できること・後編〜 ⇒今スグ読む

もっと役立つ!青井すずのメルマガ読者登録
まだの方は⇒コチラから


<PR>


【犬と猫の病気の最新記事】
posted by 獣医@青井すず at 10:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬と猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。