いざ愛するペットが病気になったとき、治療費が払えない?!〜今できること・後編〜

28-1237968958.jpg


もしも愛犬・愛猫が病気になってしまったとき、
できるだけのことをしてあげたいですね。

いざというときの治療費に困ることがないように、
今できることを一緒に考えてみましょうひらめき


【対策1】ペット貯金のススメ

「ペットのために貯金をしている」という飼い主さんの話をけっこう聞きます。

毎月1,000〜3,000円を愛するペットのために貯金してみてはいかがでしょうか?

そうすると、1年で1万2千円〜3万6千円なります。
これを3年も続ければ、10万円くらいをいざというときのために使えます。

さらに、病気をせずにある程度の金額が貯まったら、
年に1回の健康診断をしてあげるのがおススメです。

病気の早期発見が「ペットと長生き」のいちばんの秘訣ですよ!


【対策2】ペット保険に入っておく

最近、ペット保険をつかう飼い主さんが急増しています。
手術や入院のときは保険があるとかなり助かります。

また、
いったん心臓病や腎臓病などにかかってしまうと
一生続けてお薬を飲まなくてはなりません。

毎月数万円はかかるので、
保険があるのとないのとでは大違いですね。

ペットの保険を調べてみたので、まとめておきますexclamation

保険料はペットの大きさや年齢によって異なりますが、
一般的には月々1000円〜5000円程度です。

● 保険料が最安なのは、
 アイペットのペット保険「うちの子ライト」です。
 犬は930円/月から、猫は710円/月から。

 ただし、手術とそれに関する入院に特化した保険で、
 普段の通院やお薬代、入院は補償されません。

 最低限、高額になりがちな手術のために掛け捨てで備えておく
 といった感じですね。
 
●老舗は、アニコムのどうぶつ健保です。
 一日の限度額がありますが、何日でも通院・入院OKです。
(例えば、70%プランの場合だと、通院・入院14,000円まで/1日、手術140,000円まで/1回。)

 提携している病院だとその場で保険清算できるので便利です。
 お値段はやや高めかもしれません。
 
ひらめき更新
●現在、バランスがとれていて人気があるペット保険は
ペッツベストです。

 特徴は、
1. 医療費用の80%を補償(免責金額をのぞく)
2. 1日の限度額なし(1回の傷病に対する保険金額内 )
3. 入院・通院・手術の回数制限なし
 (1回の傷病に対する保険金額内)
4.保険料は、犬は1,870円/月から、猫は1,270円/月から。

⇒ 詳しく見てみる


その他にもいくつかペット保険を扱っている会社があります。
「ペット保険比較サイト」があったので、
保険料や補償を比べてみるといいと思いますよ。

ペット保険のパンフレットを無料で取り寄せることができます。
⇒ 比較してみる

まだまだ愛犬・愛猫がげんきで健康な今だからこそ、
いつか訪れる老いや病気に対して、
将来に向けた準備をしてあげることをおすすめします!目


この記事が「役に立った!」という方は
応援わんクリックいただけると嬉しいです犬ぴかぴか(新しい)





<PR>
posted by 獣医@青井すず at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。