【ペットにも花粉症?!】 春になってから皮膚をかゆがっていませんか?


犬と花.jpg

犬が「くしゅん」としたら、花粉症?!
というわけではありません。

犬が毎年同じ季節になると、皮膚をかゆがっていたら、
花粉アレルギーの可能性があります。

人の方で『花粉症』といえば、
「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」といった鼻アレルギー疾患ですよね。

しかし犬猫の場合は
「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」という症状はまれで、
多くの場合は痒みを伴う皮膚症状が現れます。

アレルギー性の皮膚炎が現れやすい場所は
脇、四肢、下腹部、顔、耳などです。

アレルギーの原因となる物質をアレルゲンとよびますが、
犬猫の場合、呼吸器よりも皮膚に多くアレルゲンが作用する部位(受容体)
が存在するのです。

アレルゲンにはもちろん花粉もあります。
他にはハウスダスト食物などがあり、
現在ではアレルギー性皮膚炎のワンちゃんが増えてきています。

花粉症を中心としたアレルギー疾患では、
生活の中でその原因を回避することが治療の第一歩となります。


ではここで、『花粉回避法』をご紹介します!

毎日の花粉情報に注意する。

花粉飛散の多い日は散歩を控え、花粉の飛散の多い時間帯の散歩も控える。

花粉飛散の多い時は窓・戸を閉め花粉の侵入を防ぎ、洗濯物も外に干さない。

表面がけばけばした毛織物などのペットウェアは避ける。

なるべく花粉がワンちゃんの体につかないように散歩後に体や足をよく払い、
 花粉を玄関(入口)でシャットアウトする。


こまめに掃除をする。

ほとんど、人の花粉症対策と同じです。
犬猫はマスクで防御できない分、人よりも大変ですねあせあせ(飛び散る汗)

アレルギー性皮膚炎の診断はなかなかむずかしいので、
あやしいなと思ったら必ず、動物病院に相談してくださいね。
     




<PR>



【犬と猫の病気の最新記事】
posted by 獣医@青井すず at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬と猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。