【狂犬病ワクチン、どこで打ちますか?】


狂犬病は日本にはまだ入ってきていない病気です。

万が一入ってきたときに、
ワクチンを打っていないと大変なことになるので、
接種が法律で義務づけられている病気なんです。

春になると登録している市から
狂犬病ワクチン接種のお知らせが届きますよね。

(地域によって3月から4月とばらつきがあるようです。)

さて、あなたは市の集合注射と、動物病院のどちらで
注射をうけていますか?


市の集合注射は診察料がかかりません。

そのため、問診表だけ書いてろくに診察してもらえません。
(流れ作業になりがちです。)

他にも犬がたくさん集まるので、恐がりの子や、犬が苦手な子には
かなりのストレスになるようです。


動物病院で受ける場合は診察料がかかります。

なので、検温したり、聴診したりと、
健康状態を確認してからの注射になります。

行き慣れている病院の場合には、
ストレスをあまり感じないで済むかもしれません。


ではここで、「両方の良いとこ取り」の
おすすめの方法をお伝えします。

それは、動物病院でフィラリアの予防薬をもらうときに、
一緒に狂犬病ワクチンを済ませることです。


そうすれば通院も診察料も1回で済みます。
なにより、ワンコの緊張も1回で済みますよね手(グー)

まだの方はぜひそうしてあげて下さい♪


この記事が「役に立った!」という方は
応援わんクリックいただけると嬉しいです犬ぴかぴか(新しい)





<PR>




posted by 獣医@青井すず at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。