<冬・乾燥の季節!>愛犬・愛猫のフケが多い理由?

アニコム「ペットのニオイ」に関する調査結果によると

約78%の飼い主が「ペットのにおいを気にしている」と回答。

それらのニオイ対策として挙げられた対処法としては、
シャンプーなどの「定期的なお手入れ」が7割近く
のぼったそう。

確かににおいも気になりますが、冬は乾燥しやすい困った季節。

シャンプーしているのに、
フケがかえって多くなったりしてはいませんか?

シャンプーは皮膚の油分(皮脂)を洗い流します。
それは同時に皮膚のバリア機能を弱めてしまうことになります。
また、皮脂がとれて乾燥しやすくなるので、
フケが多くなることがあります。

夏と同じシャンプー、同じ頻度で洗っていては
どうしても乾燥が進んでしまいます。


皮膚に問題がなくて、健康なときのシャンプーは
最低でも3週間おいてからにしてあげてくださいね。

保湿性の高い動物用シャンプーもあるので、
フケが気になるときは保湿力のあるシャンプーを
使いわけてあげるのがおすすめです。

さらにスプレータイプのコンディショナーなら、
毎日使えるのでかんたんに乾燥対策できますよいい気分(温泉)


<おススメできるシャンプー&コンディショナー>

オーツシャンプー エクストラ(カナダ・シープロ社)

オーツコンディショナー(カナダ・シープロ社)  


・ヒュミラック(コンディショナー)

スプレータイプで、乾燥した皮膚・被毛に潤いを与えてくれる
製品です。


◇追記◇

シャンプーの間隔をあけると
においが気になって仕方ないという場合は・・・

一にも二にもブラッシングですよ!

散歩のあとのブラッシングは必ず日課にしてくださいね。

散歩でついたほこりや草の実なんかをとってあげると同時に、
体に傷や炎症があった場合、早めに気がついてあげることができます。

「健康チェックもかねてのブラッシング♪」が理想的ですね犬


この記事が「役に立った!」という方は
応援わんクリックいただけると嬉しいです犬ぴかぴか(新しい)

人気ブログランキングへにほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ


≪人気の記事ランキング≫

ペット保険にも落とし穴?最低限おさえておくべきポイント大公開! ⇒今スグ読む

いざ愛するペットが病気になったとき、治療費が払えない?!〜今できること・後編〜 ⇒今スグ読む

もっと役立つ!青井すずのメルマガ読者登録
まだの方は⇒コチラから


<PR>



posted by 獣医@青井すず at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のお手入れのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。