<犬の膝蓋骨脱臼・治療編>うちの犬が急に片足びっこをひく

 
ケガをしたわけでもないのに急に片足をあげたり、引きずる場合は
ひざのお皿の脱臼(=膝蓋骨脱臼)が疑われます。

→詳しくはこちら


膝蓋骨脱臼は早めの対策が肝心です!

生活に支障がでる場合には手術が必要になります。

→診断編はこちら


さて、
まずは手術が必要となった場合の治療方法を説明します。

手術方法は症状の進みぐあいによって
どんどん難しく・複雑になります。
まだ軽いうちに発見できれば、
比較的かんたんな手術で脱臼を防ぐことができますよ!

では、いっしょに見ていきましょう目

●膝蓋骨が大腿骨の溝(=滑車溝)から飛び出しやすい場合

@その溝を深く削る。

A溝の内側壁にステンレス板を補強して
「お皿」が飛び出さないようにする。

Bネジを打って大腿四頭筋が内側へ移動しないように固定する。

といった方法があります。
 

●膝のお皿が常に外れている場合

お皿を支えている筋肉や靭帯の伸びている部分を縮めて、
縮んだ部分を伸ばすことをします。 


●脱臼がおきている期間が長い場合

足の骨までねじれて、曲がったようにみえます。
そのときは膝蓋骨を支えている靭帯の付いている位置を移動させて
「ねじれ」を整えます。


●骨や関節の変形があれば、それを治すために、
 整形手術を施さなければなりません。



何度も言いますが、治療の最大のポイントは、
いかに早く症状を発見できるかどうか
です。

目立った症状がないうちに発見できれば、
外科手術をしないで済むことが多いです。

理学的な運動療法で、膝の関節を支える筋肉や靭帯を鍛えることで
病気を克服できる場合もあります。


また、せっかく外科手術で脱臼を治療しても、
手術後の自宅管理が不十分だと治らないばかりか
ひどくなることにもなりかねません!

手術後1週間から10日して抜糸すれば、
愛犬は退院して自宅療養となります。

それは、人間ならば「集中治療室」から「一般病棟」へ
移った段階にしかすぎません。

「退院」後、1〜2か月間は自宅で安静にして、
患部に負担が大きくかかるような動き
(ジャンプや急な回転など)をさせない
よう、
術後管理とリハビリをしっかりしなければならなりません。

なお、膝蓋骨(内方)脱臼になりやすい犬は、
両方の膝関節とも発症する可能性が高いようです。

外科治療をするなら、両方を行うことが最善ですよ。


軽い症状だけみられるときは、
予防的にサプリメントがあります。

・ビルバック【コンドロフレックス】

・コセクインDS

コンドロイチン硫酸をはじめとする成分で、関節を助けてくれます。
これを飲んだだけで元気に走り回るようになったワンコもいましたよ。

あとは病院で処方する、療法食があります。

・ロイヤル・カナン [関節サポート]

・ヒルズ プリスクりプション・ダイエット<犬用>j/D


またまた内容が難しくなってしまいましたね目

これだけ大変な手術をしなくて済むように、
早めの対策をぜひ!してあげてください。

療法食はどうしてもふつうのゴハンより、割高になってしまいます。

どちらかといえば普通食にプラスするだけで済むので、
サプリメントがおすすめですよ。



この記事が「役に立った!」という方は
応援わんクリックいただけると嬉しいです犬ぴかぴか(新しい)

人気ブログランキングへにほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ


≪人気の記事ランキング≫

ペット保険にも落とし穴?最低限おさえておくべきポイント大公開! ⇒今スグ読む

いざ愛するペットが病気になったとき、治療費が払えない?!〜今できること・後編〜 ⇒今スグ読む

もっと役立つ!青井すずのメルマガ読者登録
まだの方は⇒コチラから



<PR>



posted by 獣医@青井すず at 01:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の膝蓋骨脱臼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。