勇敢な犬『飼い主をピューマの襲撃から救った“天使”』

今週は実際にあった
献身的で信じられないくらい勇敢な1匹の犬のはなしをお伝えします。
少年を救ったわんこの運命やいかに?!涙なしでは読めません。



NEW カナダ 飼い主をピューマの襲撃から救った“天使” [2010.1.5]
----------------------------------------------------------------

年明け5日にして、
はやくも2010年のヒーロー犬ナンバー1に輝きそうな、
勇敢な飼いイヌのニュースがカナダから飛び込んできた。

なんでもそのイヌ、自分の身を挺して、
飼い主一家の息子の命を救ったのだとか。

このニュースを伝える4日付の地元紙
「バンクーバー・サン」によると、
事件が起きたのは、先週2日。

バンクーバー近郊にあるボストンバー在住の
オースティン・フォアマンくん(11歳)が、
裏庭で日課の薪拾いをしているときだった。

そばで何かの気配を感じたオースティンくんが振り返ると、
そこにいたのはなんと野生のピューマで、
彼が気づくと同時に、襲いかかってきた。

そのとき、彼の愛犬、
メスのゴールデン・レトリーバー「エンジェル」が
ピューマに向かって突進し、
オースティンくんへの攻撃を阻んだのだ。

そこまではよかったのだが、
今後は逆にピューマがエンジェルの頭や首に咬み付き、
彼女を襲い始めた。

その隙に半狂乱で家に戻ったオースティンくんから
事態を聞いた母親は、困った末に警察に通報。

駆けつけた警官が現場を見ると、
軒下にエンジェルを引きずり込み、彼女を窒息させようと
のど笛にガッチリと牙を立てたピューマの姿があった。

威嚇射撃をしたところまったく動じなかったため、
警察はやむなくピューマを射殺し、
ようやくエンジェルを解放した。

その直後はぴくりとも動かず、
最悪の事態が心配されたエンジェルだったが、
しばらくすると大きく深呼吸をしてゆっくりと立ち上がり、
オースティンくんのもとへ行き臭いをかいで、
彼の無事を確認すると、再び倒れこんだという。

その後、動物病院で診察を受けたエンジェルは、
咬み傷や裂傷を負ってはいたものの、
奇跡的に命に別状がないことがわかり、
現在は回復に向けて治療が行われている最中だとか。

飼い主一家によると、当日のエンジェルは
少々様子がおかしかったそうで、
1歳でまだやんちゃ盛りの彼女は普段、
裏庭でひとり遊びに興じているのに、
その日に限ってはオースティンくんのそばに
ピッタリと寄り添っていたというから、
おそらくピューマの来襲を予期していたのだろう。

エンジェルの献身的な働きに感謝の気持ちを込めて、
一家は彼女を“ガーディアン・エンジェル(守護天使)”
と呼び、無事を喜んでいるそうだ。


ピューマから飼い主を救ったエンジェル
(「バンクーバー・サン」電子版より)

⇒ 勇敢なエンジェルの実際の様子






<編集後記>

今週は犬の忠誠心、愛情の深さ、家族を想う気持ちを
再確認させられるニュースが飛び込んできました。

少年を守ったエンジェルは彼を息子のように、もしくは兄弟のように
大切に想っているからこその行動だったのでしょう。

ぜひこの話を多くの方々に知ってもらいたいと思い、
お伝えした次第です。

人にはなかなか真似できないことですよね。

ペットを飼うことの喜びの1つは、
こういった「無償の愛」を感じる瞬間にあるように思います。

みなさんもペットからの一途な愛を感じていますか??

そして、どんなに忙しい時でもできるだけ、
たくさんの愛情をかえしてあげたいものですねハートたち(複数ハート)



応援わんクリックよろしくお願いします犬

人気ブログランキングへ


≪人気の記事ランキング≫

ペット保険にも落とし穴?最低限おさえておくべきポイント大公開! ⇒今スグ読む

いざ愛するペットが病気になったとき、治療費が払えない?!〜今できること・後編〜 ⇒今スグ読む

もっと役立つ!青井すずのメルマガ読者登録
まだの方は⇒コチラから


<PR>



【ペットニュースの最新記事】
posted by 獣医@青井すず at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペットニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。