『大切なペットを3年長生きさせる秘密の方法』

メルマガ好評配信中exclamation

青井のメルマガ、
『大切なペットを3年長生きさせる秘密の方法』では
ブログよりももっと面白くてためになる情報
毎週配信しています♪
よろしければ、チェックしてみてください。
posted by 獣医@青井すず at 00:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いざ愛するペットが病気になったとき、治療費が払えない?!〜今できること・後編〜

28-1237968958.jpg


もしも愛犬・愛猫が病気になってしまったとき、
できるだけのことをしてあげたいですね。

いざというときの治療費に困ることがないように、
今できることを一緒に考えてみましょうひらめき


【対策1】ペット貯金のススメ

「ペットのために貯金をしている」という飼い主さんの話をけっこう聞きます。

毎月1,000〜3,000円を愛するペットのために貯金してみてはいかがでしょうか?

そうすると、1年で1万2千円〜3万6千円なります。
これを3年も続ければ、10万円くらいをいざというときのために使えます。

さらに、病気をせずにある程度の金額が貯まったら、
年に1回の健康診断をしてあげるのがおススメです。

病気の早期発見が「ペットと長生き」のいちばんの秘訣ですよ!


【対策2】ペット保険に入っておく

最近、ペット保険をつかう飼い主さんが急増しています。
手術や入院のときは保険があるとかなり助かります。

また、
いったん心臓病や腎臓病などにかかってしまうと
一生続けてお薬を飲まなくてはなりません。

毎月数万円はかかるので、
保険があるのとないのとでは大違いですね。

ペットの保険を調べてみたので、まとめておきますexclamation

保険料はペットの大きさや年齢によって異なりますが、
一般的には月々1000円〜5000円程度です。

● 保険料が最安なのは、
 アイペットのペット保険「うちの子ライト」です。
 犬は930円/月から、猫は710円/月から。

 ただし、手術とそれに関する入院に特化した保険で、
 普段の通院やお薬代、入院は補償されません。

 最低限、高額になりがちな手術のために掛け捨てで備えておく
 といった感じですね。
 
●老舗は、アニコムのどうぶつ健保です。
 一日の限度額がありますが、何日でも通院・入院OKです。
(例えば、70%プランの場合だと、通院・入院14,000円まで/1日、手術140,000円まで/1回。)

 提携している病院だとその場で保険清算できるので便利です。
 お値段はやや高めかもしれません。
 
ひらめき更新
●現在、バランスがとれていて人気があるペット保険は
ペッツベストです。

 特徴は、
1. 医療費用の80%を補償(免責金額をのぞく)
2. 1日の限度額なし(1回の傷病に対する保険金額内 )
3. 入院・通院・手術の回数制限なし
 (1回の傷病に対する保険金額内)
4.保険料は、犬は1,870円/月から、猫は1,270円/月から。

⇒ 詳しく見てみる


その他にもいくつかペット保険を扱っている会社があります。
「ペット保険比較サイト」があったので、
保険料や補償を比べてみるといいと思いますよ。

ペット保険のパンフレットを無料で取り寄せることができます。
⇒ 比較してみる

まだまだ愛犬・愛猫がげんきで健康な今だからこそ、
いつか訪れる老いや病気に対して、
将来に向けた準備をしてあげることをおすすめします!目


この記事が「役に立った!」という方は
応援わんクリックいただけると嬉しいです犬ぴかぴか(新しい)





<PR>
posted by 獣医@青井すず at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペット保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いざ愛するペットが病気になったとき、治療費が払えない?!〜今できること〜


9939f70c0d0eb4789240-1024.jpg

ペットの治療費って高い!と感じたことはありませんか?

人の医療の感覚で比べると、すこし(すごく?)高く感じると思います。

人の医療費ももとは高いのですが、
国民健康保険が補ってくれていますよね。

動物にはそういった国の制度がないので、
ある程度は仕方がないと大多数の方は理解してくれています。
(まれに「高い!」と怒り出す方もいますが・・・)

今日は、現在入院している5歳の猫ちゃんの話をします猫

この猫ちゃんは胸に液がたまってしまう病気で入院しています。
胸に管を設置して、液を抜いてあげれば元気でゴハンもよく食べます。
しかし、管を外して家に帰ると、
すぐにまた液がたまって息が苦しくなってしまいます。

原因は絞られてはいますが、はっきりしません。

確定診断をつけるには大学病院か大きな病院に行って、
CTスキャンなどの検査をしないといけません。
(この検査には5万円以上かかります。)

原因が分かっても、治すのには長期入院を覚悟しないといけません。

腫瘍の場合だと、抗がん剤投与や手術等とても大変ですし、
治らない可能性も高いです。

まだまだ若い猫ちゃんで、今のところ元気も食欲もあります。
飼い主さんはぜったいに諦めたくないという気持ちです。

その一方で、
これ以上費用が払えず検査と治療を断念しようかと悩んでいます。

すごくつらい状況で、こちらもすごく胸が痛みます。
(とうの猫ちゃんだけはきょとんとした顔でオスマシしていますが・・・。)

病気になるのは誰のせいでもないですし、
いつどこのわんこ・にゃんこに起きるかもわかりません。

いざ愛するペットが病気になったときのために、
今できることって何でしょうか??


ペットたちが若くて、元気いっぱいな今だからこそ、
いちど考えてみることをおすすめします!


〜今できること・後編〜では、
実際に飼い主さんが実践していて、感心したことをご紹介します!

⇒ 後編を読む

いつもありがとうございます。
応援わんクリックいただけると嬉しいです犬ぴかぴか(新しい)





<PR>


posted by 獣医@青井すず at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペットの治療費いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬猫の放射能対策〜ミネラルウォーター大丈夫?〜

⇒ 放射能コワイし、犬猫にミネラルウォーター・・・どれがいい?

⇒ 犬猫が水をたくさん飲むアイデア!
posted by 獣医@青井すず at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬猫の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫の病気(猫慢性腎不全)検査・予防・治療法

慢性腎不全は・・・猫ちゃんに大変多い病気です。
この病気をいかに早く見つけるかどうか。
愛猫の寿命が左右されてしまいます!
必ず目をとおしておくことをおススメします。

● ネコにも天敵?!前編〜猫・慢性腎不全を撃退する方法〜

● ネコにも天敵?!後編〜猫・慢性腎不全これ以上悪くしない宣言〜



≪人気の記事ランキング≫

ペット保険にも落とし穴?最低限おさえておくべきポイント大公開! ⇒今スグ読む

いざ愛するペットが病気になったとき、治療費が払えない?!〜今できること・後編〜 ⇒今スグ読む
posted by 獣医@青井すず at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。